美容外科のニュースについて一喜一憂

 美容外科のニュースが流れると、一瞬、はっとします。内容が良い物であれば、気持ちが明るくなりますし、良くないニュースであれば、気持ちが沈みます。
 良いニュースとは、今まで不可能だった症状の安全な施術方法が見つかる等です。良くないニュースとは、美容外科によって、被害者がでてしまうような事件が起きたりする事です。
 美容外科と一口に言っても、その意味は広く、大怪我をした後の傷跡を目立たなくする事も含まれます。
 又、出っ歯やすきっ歯などで悩んでいる人なども、そのために、毎日が辛いようだったら、美容外科で治す事、そして、より安全で高い技術が現れる事を望んで止みません。
 美しくなりたい、という動機も全く否定するものではありません。それは、多くの女性、又は男性が思う事であって、外観で損をしている事、苦痛を感じる事があるのなら、美容外科の施術により、よくなってほしいと思います。そうした事で、メンタルヘルスにもいい影響を与えます。
 美容外科は、医学とも重なる部分も多いと思います。美しくなる、という事は、とても良い事です。度合いにもよりますが、あまりにも、美だけを追求して、身体に負担をかけるまでするのは、自分は疑問を感じますが、それは、人それぞれでしょう。
 ですから、美容外科についてのニュースが流れると、ドキッとします。
 何かのトラブルで、大勢の人が被害にあったのか、それとも、今の状態を悲観している人を救うニュースなのかと、思うのです。
 ボトックスのシワ取りがニュースになった時もそうでした。もともとは病気の治療の為に研究開発されたものでしたが、シワ取りとして、安全で綺麗な用法として紹介された時は、とても嬉しかったものです。
 美容外科のニュースで、良くないものが流れると、「それ見たことか」と、否定的な言葉で、被害者の方々を悪く言う人もいますが、こういう人は、私は、良識を疑ってしまいます。
 人が被害を受けて、苦しんでいるのに、それを悪く言うのか、と考えます。
 美容外科のニュースであれ、他の交通事故のニュースなどと変わりはありません。被害者が存在するのですから。