二重瞼にするプチ整形をしました。

一重の厚ぼったい目元が小学生の時からずっとコンプレックスでプチ整形で二重の手術をしました。
はじめは、軽い気持ちで考えていたのですが、ネットで怖い体験談を見たりするうちに怖くなってきたのですが、どうしても
鋭く、いつも睨んでるような目元が本当にイヤで整形を決意しました。
手術当日はメイクは目元以外もしないように言われ、病院でクレンジングしました。
手術室は本格的で、とても怖くて足がすくんだ記憶があります。でもこれでぱっちり二重になれる!と思ったら余裕でした。
はじめの麻酔がとても痛かったです。感覚的には目ん玉に直接注射されてるような感覚になりましたが、すぐに痛みがなくなり
その後は糸を通されてる感覚や、ひっぱられてる感覚だけで全然痛くありませんでした。
先生もいろいろな事を行うたびに、説明してくれて怖くもありませんでした。二重の手術は一日に何人もやっているらしいので
先生からしたら、朝飯前?のような軽い雰囲気でそれが逆に緊張感をとってくれて、こっちもリラックスできました。
手術が終わって20分ぐらいしてからだんだん目元が痛くなってきました。鏡で目を見たら殴られたような内出血と腫れ上がった二重に驚き、。
だいたい術後一か月もすれば内出血もなくなりますし、二重の幅も小さくなってとても自然になってきます。
友達もやりましたが、その子も一か月ぐらいで綺麗な二重になりました。
一週間ぐらいすればメイクができるようになるので、仕事にも復帰しました。
その時はメガネをかけるなどして誤魔化しました。誰も気が付くひとはいませんでした。
メガネをブランド物にしたので、女子はそっちに興味があったみたいで、どこのブランド~?なんて会話して、ダレも目なんて見ていません。
結果としては、手術はとても怖かったけど、やって本当によかったです。
どんな色のアイシャドーも似合うし、とにかく「美人さん」と言われることが多くなり、男性も優しくなりました。
本当にやってよかったです。