主な美容外科の脱毛内容

美容外科で多くの女性が受ける施術には脱毛があります。
全身の無駄毛に対処できるものになりますので、有効に利用することがおすすめになります。
しかも、無駄毛で悩んでいる女性は特に多いです。
夏になれば自然と露出も増えますので、その時期なわせて美容外科で脱毛の施術を受けることが出来ます。
美容外科の脱毛ですが、実は永久脱毛といわれるものになります。
効果としてはかなり長期的なものになるという意味です。
エステティックサロンなどの脱毛とは違いまして、効果の高い脱毛マシーンを用いて脱毛することになります。
美容外科の専売特許とも言うべきものが医療脱毛です。
確実な脱毛をしたい方から支持を受けています。
主な美容外科の脱毛内容というものになるのですが、基本的に注目していただきたいのが二つの方法があるという事です。
美容外科の脱毛内容としては、「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の二つです。
医療レーザー脱毛は特殊なレーザーを使いまして毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようにする施術方法です。
一方で、ニードル脱毛については、針を使って毛根に直接電気を流して毛根を破壊して脱毛を行うものです。
確実な脱毛方法としてはニードル脱毛があります。
直接毛根を破壊しますので、毛毛が生えてくるようなことがありません。
ただし、デメリットがあります。
まずは痛みです。
非常に大きな痛みがありますので、施術の途中で耐えきれなくなる方もいるほどです。
そしてもう一つのデメリットは、毛根1個1個に対して施術をしますので時間がかかるということです。
それらのデメリットがないのが医療レーザー脱毛です。
こちらはほとんど痛みがありません。
少しお肌に刺激を感じる程度なので、痛みが特に苦手だという方も安心していただきたいです。
さらに、脱毛の時間についてもレーザーの照射面積が比較的広いので時間はあまりかかりません。
ニードル脱毛とは雲泥の差といっても良いでしょう。
最近の美容外科では、ほとんど医療レーザー脱毛を採用しています。
ニードル脱毛ほどの確実な効果とは言えませんが、
毛が確実に生えにくくなり、
繰り返し行うことで永久脱毛をする事が出来ます。