美容外科とは

自分を変える意味とは?

 驚いたことに、韓国では生まれたばかりの赤ん坊が一重まぶたであった場合、すぐさま二重にする手術を施すという。
  なるほど。目は、特にその人の印象を決める割合が高いものだ。そこで損をしないように、という親心は理解出来る。
 だが、   日本ではどうだろう?
 そんなことをする親は稀有なのではなかろうか。例え一重まぶたであっても、「この目、あなたにそっくり」などと言われれば、   きっと嬉しいに違いない。万が一、不細工であろうとも、そこに愛着を見出すのではないだろうか。他人にはどう映ろうとも、自分にとってはかわいい我が子。   それは親のエゴに過ぎないかもしれない。しかし、それも間違いのない愛の形の一つだろう。
 今現在、あなたの持つその容姿は、   誰かに望まれて決められたものなのではないだろうか。そのことに、幸せを感じこそすれ、不幸だと思うことは馬鹿げている。
「こんな顔はいやだ」   「新しい自分に変わりたい」。美容外科の扉を叩く人々には、それぞれの事情があるのだろう。中には切迫した問題を抱えた人もいるのかも知れない。だから、   私は”整形”というものを否定しない。それにより、幸せを手にした人も、星の数ほど存在するのだから。
 しかし、その扉に手を掛ける前に。開いてしまう前に、   もう一度考えて欲しい。
 新しい自分になるということは、過去の自分を否定してしまう場合もあることを。
 これまでに、不幸なことしかなかったのだろうか?    嬉しかったことや、楽しかったことはなかったのだろうか? 過去の友人知人が「あなた」を「あなた」として認識しているその姿は、    そんなに恥ずべきものなのだろうか? 卒業アルバムや友達との記念写真、家族との生活を切り取った一枚の写真。そこに写っているのは、    その姿のあなたなのではないだろうか?
 あなたはその姿で今まで頑張って生きて来たはずなのだ。苦しいこと、悔しいこともあっただろう。    でも、その全てに付き合ってきてくれたのは、今のあなたであるはずだ。その、今までのあなたを、否定してしまう行為。美容整形とは、    そんな意味もあるのではないだろうか? 私はついそんな風に考えてしまう。「過去のあなたが可哀そうだ」と。
 韓国のように、    親がしてしまうのは不可抗力であるし賛同すら出来る。しかし、あなたが自分の意思でしてしまうのは、心にどうもしこりが残ってしまう。    
 忘れないで欲しい。その姿を愛していた人がいることを。
 それでもなお「必要なんだ」と思える人だけがするべきもの。    それが美容整形なのではないかと、私は考えている。本当に美容整形や美容外科が必要になったら美容外科比較のサイトを確認して戴きたい。

美容外科の紹介

主な美容外科の脱毛内容

主な美容外科の内容

美容外科でホクロを複数個治療しました

美容外科の体験談1

二重瞼にするプチ整形をしました。

美容外科の体験談2

身体に手を入れる以上、リスクは必ず付きまといます

美容外科のリスク

多様化している美容外科のサービス

美容外科ニュース

美容外科のニュースについて一喜一憂

美容外科ニュース2